上司への出産祝いのマナー

お世話になっている上司に出産祝いを贈る場合には、いつも以上に気を遣うものです。友達や同僚のときと違い、希望を直接聞きづらいこともあるでしょう。今回は赤ちゃんが産まれた上司にお祝いする場合のマナーやタイミング、喜ばれるグッズなどについてご紹介します。

上司の出産祝いマナー

出産祝いは相手との関係によって重視すべき点が違って来ます。上司に渡す場合の最大のポイントは「失礼にあたらないようにする」ことです。上司には今後も職場で何かとお世話になることでしょう。お祝いの気持ちと一緒に日頃の感謝の気持ちを込めて、社会人として失礼のないお祝いをするよう心掛けることが大切です。
出産祝いは現金かお祝いの品物を贈るのが一般的です。上司に贈る場合も同じですが、5,000円から1万円と相場がやや高めになっている点は押さえておく必要があります。だからと言ってひとりであまりにも高額なお祝いを贈っては、上司に気を遣わせてしまいます。高価なお祝いを贈りたい場合には、同僚などに声をかけて連名で贈るようにしましょう。グループで贈る場合は1人あたり1,000円から5,000円が目安です。現金を贈るときはのし袋、品物の場合はのし紙をかけ「御祝」「御出産祝」と書いた下に名前を書きます。水引は紅白の蝶結びが決まりです。
赤ちゃんが産まれた上司にお祝いをする場合には、いつもより「少し贅沢」な感じを意識するのがポイントです。同じ品物でもデパートなど高級なお店で購入したもの、きちんと箱に入っていてラッピングが施されているものはよい印象を与えます。何を贈ったらよいかわからないけれど現金に抵抗があると言う場合には、商品券やカタログギフトを贈るのもひとつの方法です。いずれの場合もお祝いメッセージを添えると、さらに印象がアップします。赤ちゃんが産まれたことのお祝いと上司へのコメント、ご家族の健康や幸せを祈る言葉で締めれば完璧です。無理に難しい言葉を使おうとせず、シンプルな言葉で素直な気持ちを綴りましょう。

出産祝いで喜ばれるグッズとは

出産祝いの品物は、活用シーンが多くたくさん必要なものが喜ばれます。例えば紙おむつは重くてかさばるため、買いに行くのは意外に大変なものです。必ず使うものなので、消耗品であっても喜んでいただけます。紙おむつのプレゼントを考えている場合には、サイズやメーカーなどを前もって確認しておきましょう。
最近では紙おむつをケーキ型にデコレーションした「おむつケーキ」も流行しています。リーズナブルな価格の割にインパクトがあり贈る人が増えていますが、2段3段の大きなものは置き場所に困る場合もあるので注意が必要です。
赤ちゃんは汗っかきで服を汚すことも多いので、ベビー服やスタイなども喜ばれる贈り物のひとつです。好みの別れる衣類を贈る場合には、上質な素材を使ったシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。贈る人の多いベビー服は、他の人と被る可能性もあります。誰もが選びがちな新生児サイズではなく、90cmなどサイズをずらすのもおすすめです。
おさがりが多くなりがちな第2子以降の場合には、名入れギフトも喜ばれます。はじめてのお子さんに比べ、二人目以降は名入れグッズをもらうことが少ないものです。赤ちゃんにお祝いを贈る場合には、上のお子さんにもプチギフトをつけてあげるとさらに喜んでいただけることでしょう。
出産祝いと言うと赤ちゃんがメインですが、ママが使えるものをセットで贈るのも気が利いています。赤ちゃんと一緒に使えるボディソープやクリームなども良いでしょう。出産後の疲れを癒すフェイスパックやノンカフェインのお茶などもおすすめです。

出産祝いのタイミング

出産祝いを渡すタイミングは、ママと赤ちゃんが退院した後、生後7日後から1ヶ月までの間が良いとされています。赤ちゃんと名前をお披露目するお七夜から、赤ちゃんの健康を神様に祈るお宮参りまでが目安です。出産後の母子の健康状態を確認したうえで贈るようにしましょう。
配送の場合にはこの期間であれば問題ありませんが、持参する場合にはママと赤ちゃんが落ち着くまで少し待つのが良いでしょう。生後2週間から3週間の間に伺うのがベストです。事前に母子の健康状態を確認するのはもちろん、贈る側が体調が悪い場合にはキャンセルするのがマナーです。お祝いだけ先に配送しておいて、後日ゆっくりとお伺いするのもよい方法です。
出産祝いをもらった方は、お宮参り前後を目途にお返しの準備を始めます。ぎりぎりになってしまうと上司に負担をかけてしまうため注意が必要です。できれば3週間以内に贈りたいものですが、お宮参りまでに間に合わなかったらお祝いができないと言うわけではありません。お詫びの言葉を添えて半年以内を目安にお祝いを贈ります。1年近く経ってしまった場合には誕生祝とするのが良いでしょう。

まとめ
お祝いは社会人としての常識が試される場面でもあります。マナーを守って素敵な贈り物ができれば、仕事での評価につながることもあるでしょう。喜んでいただける贈り物で気配り上手を目指したいものです。

Text by O-BABY.net事業部/スタッフ

O-BABY.net事業部 深海

1,100,669 views

百貨店やOB直営店スタッフの経験を生かし、お客様の立場になり生活や環境をイメージしながらぴったりのグッズをご提案出来るように心がけています。 ファッションと...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧