O-BABY.net -プレママ マタニティ・出産準備-

O-BABY.netO-BABY.net子育てTips0~2ヶ月(ねんね期)>ベビービョルンの抱っこ紐について
O-BABY.netO-BABY.net子育てTips出産準備のhow to>ベビービョルンの抱っこ紐について
O-BABY.netO-BABY.net子育てTips話題のベビー用品特集>ベビービョルンの抱っこ紐について
O-BABY.netO-BABY.net子育てTipsマタニティコンテンツ>ベビービョルンの抱っこ紐について


抱っこ紐はどれを選べばいい?


近年では子育てをしやすいようにベビー用品は様々なタイプが開発され、販売されています。
その中でも選ぶときに悩むのが抱っこ紐だと言われています。
近年ではベビービョルンが多くの人たちから人気を集めていますが、まずは選ぶときにどのポイントをチェックして考えたらいいのかについて紹介します。

まず1つ目いつから使うのかをチェックしましょう。
例えば新生児期から、首が据わってから、腰が据わってからなど人によって使う時期は異なります。
それに応じで抱っこ紐の選び方は変わってくるので、まずはいつから使うのかについて考えることは大切です。
また、インファントインサートなどの付属品なしで使えるので、
蒸れたり暑すぎたりすることなく、ご利用いただけます。

続いて2つ目どこで使うのかも考えて選ぶといいでしょう。
例えば長距離の移動のために使う場合と、家の中で使う場合では選び方が異なります。
人それぞれ使う場面は異なるので、どこで使うのかを予め考えてから選ぶのも大切です。

続いて3つ目使い勝手についてもチェックしておきましょう。
近年では色々な機能の抱っこ紐が販売されており、中には高機能のタイプも存在しています。
しかし、どれだけ高機能なタイプでも使いこなすことができなければ意味がありません。
例えば普段は自宅で一人で子育てをするという場合、一人でつけたり外したりすることができなければ意味がありません。
使い勝手は快適に使用するためにも重要な部分です。
選ぶ時には使い勝手はどうかと事前にチェックしてから選ぶか考えるといいでしょう。

続いて4つ目ベビーカーとの使い分けについても考えましょう。
例えばバスや電車など乗り物を利用することが多い場合は抱っこ紐の方がいいですし、
長時間の移動をするというならベビーカーの方が負担もありません。
人によってはベビーカーか抱っこ紐かどちらかを購入しようと思っている人もいますが、
普段の生活によっては両方必要になることもあるので、快適に子育てをするためにも、
生活圏内での使い分けをある程度予想しておくと選ぶときにも失敗することはないでしょう。

最後に5つ目素材も重要です。
例えば一番考えた方がいい事としては通気性です。
素材によって異なりますが、特に通気性の悪いタイプを選んでしまうと赤ちゃんにとって快適な環境ではなくなります。
抱っこ紐の中で眠ることもあるので、通気性についても考えておきたいポイントです。

暑く湿気の多い日本にぴったり抱っこ紐ベビーキャリアOne+ Air⇒

定価21,600円⇒会員価格(10%OFF!)19,440円

 


ベビービョルンの抱っこ紐について


抱っこ紐と言っても様々なメーカーが存在していますが、その中でも近年はベビービョルンが注目を集めています。
実際に利用している人も多く見かけますが、人気の理由について知りたい方も多いでしょう。
ここではなぜベビービョルンが選ばれるのかについて説明します。

まず1つ目は新生児期に使用することが可能な点です。
新生児期は首がすわっていません。その為、対面式ではない抱っこ紐を選んでしまうと危険ですし、お母さんの負担も大きくなってしまいます。
しかし、ベビービョルンなら対面式で抱っこすることができるので、
首がすわる前の新生児期の赤ちゃんでも安心して抱っこすることができます。
対面式になることで抱っこする側もそれほど大きな負担にはならないですし安全なので魅力的です。

続いて2つ目は耐久性に優れていることです。
ベビービョルンは素材にもこだわっているのが特徴的です。
抱っこ紐は特に安全性が大事なベビー用品です。
例えば紐が切れてしまったら赤ちゃんが落下してしまう恐れもあります。
その為、素材は重要になりますが、ベビービョルンは安全性も考えた素材で作られているので、
壊れないか切れないかと心配になることもありません。
また有害物質やアレルゲン性物質を全く含んでいないので、口に入れても安全な素材です。
(すべての布地がテストされ、エコテックス規格100クラス1の用件に準拠していることが認定されています。)

その他にも3つ目はデザイン性に優れているのも選ばれる理由として挙げられます。
シンプルながらデザイン性に優れているので、こういったところもベビービョルンが選ばれる理由です。

 


ベビービョルンを通販サイトで購入しよう


ベビービョルンを購入しようと思ったら販売している店舗に行く必要がありますが、
近年では取り扱っている通販サイトも増えているので、ネットを活用して購入することができます。
しかし、通販サイトでは取り扱っている商品が異なるので、どこを選ぶかは重要です。
そのためここでは選ぶポイントについて話します。

まず1つ目に大切なのがベビービョルンの正規取扱店かどうかをチェックしておきましょう。
なぜ正規取扱店でないといけないのかというと、修理や保証などに対応してくれるからです。
正規取扱店ではないところで購入すると万が一の時に保証を受けることはできません。
その為、購入をする時には正規取扱店であることを確認してから購入を考えるといいです。

また2つ目にベビービョルンの品揃えも確認しておきましょう。
ベビービョルンの抱っこ紐、と言っても種類は様々です。
それぞれ人によって選びたい種類は異なると思うので、なるべく通販サイトを選ぶときは種類も多く取り扱っている通販サイトを選ぶといいでしょう。

O-BABY.net取り扱いのベビービョルンの抱っこ紐⇒

O-BABY.net取り扱いの抱っこ紐を見る⇒

Text by O-BABY.net事業部/深海