O-BABY.net -プレママ マタニティ・出産準備-

O-BABY.netO-BABY.net子育てTips出産準備のhow to>ベビー服について
O-BABY.netO-BABY.net子育てTips話題のベビー用品特集>ベビー服について
O-BABY.netO-BABY.net子育てTipsママの奮闘記>ベビー服について


ベビー服を初めて購入する方


ベビー服は赤ちゃんが着る洋服で、カバーオール、2wayオール、短肌着、長肌着など、いろいろな種類があります。
自分の子供に着させるために購入する方、親戚や友人がお子様を出産された時にプレゼントして購入する方など、購入するケースは幾つか考えられます。
その中でも今まで購入したことがない方もいるでしょう。
ベビー服の選び方のポイントはたくさん挙げられます。

例えばサイズと月齢を確認して購入することです。
赤ちゃんは成長が早く、その成長に合わせてベビー服を準備しなければなりません。
年単位ではなく出産してから何ヶ月なのか月齢で選ぶのがポイントです。
サイズは身長を目安に選択します。
多くのブランドではサイズ表記に関して身長を目安にしているところが多くなっています。
成長が早いため、購入する際にはできる限りその都度身長を計測し、取り揃えるようにされてみてはいかがでしょうか。
また、縫い目が外側にあるものを選ぶこともポイントです。
縫い目が内側にあると赤ちゃんのお肌に影響を与えます。ただでさえ赤ちゃんのお肌は大人に比べてデリケートです。
デリケートなお肌は、縫い目が内側にあるだけでかぶれやお肌荒れなどを引き起こす可能性があります。
赤ちゃんのお肌を守るために縫い目が外側のものを選択しましょう。

赤ちゃんのことだけでなく、自分のことも考慮して選びこともポイントです。
子育ては苦労を伴うケースが多く、子育てをしている方は負担をなるべく少なくするため、
多くの家庭はベビーグッズなどを購入し子育ての大変さを軽減しながら、日々の生活で活用しています。
育児の負担はいくつか挙げられますが、特に乳児や幼児を子育てしている方の中には、
オムツ替えに手間がかかると思われているお母様もいるでしょう。
オムツ替えをしやすいベビー服を選ぶことで育児の負担を軽くできます。
例えばトップスとボトムスが繋がっているロンパースの中には、ボタンなどを外すことでオムツ替えを容易に行えるタイプの商品も販売されています。
決める際には赤ちゃんの快適性だけでなく、あなた自身の育児のしやすさも念頭に置いて選びましょう。
また、安全性は選ぶポイントの中でも重要度が高いでしょう。
赤ちゃんは未熟なため、私達が気をつけてあげなければ大変なことになります。
例えば紐が付いているベビー服を選択すれば、紐が赤ちゃんの首を締め付けて重大な事故に繋がる可能性は否定できません。
安全性は抱っこ紐やバウンサーにも言えることです。
商品を一つひとつ確認し、安全性が高いかどうかを吟味して購入しましょう。

 

通常、私達の洋服は季節ごとに合わせて着用します。
そのため、複数のものをタンスやクローゼットに取り揃えておき、季節や気温に応じて着用します。
これと同様に赤ちゃんも暖かく、涼しく過ごすことができるように気温に対応できる種類のものを取り揃えておくことが求められるでしょう。
基本的にベビー服は毎月購入して徐々に揃えていくこともできます。
赤ちゃんが快適に過ごすことができるように複数枚購入して保管しましょう。

 


ベビー服の豊富な種類


巷のショップや通販でも購入できるベビー服の種類は豊富です。
肌着は数多くの店舗で扱っており、直接赤ちゃんの肌に触れるものです。
肌着だけでも種類が豊富にあり、お母様やお父様の好みに合わせて選択することができます。
また、カラーニットヘアバンドもO-BABY.netでも、直営店でも取り扱っています。
ヘアバンドは文字とおり、髪の毛を止めておくものとして使用できますが、
髪の毛を止めるだけでなく、ファッションの一環として使用可能です。

Quarter Report(クォーターリポート)のガーゼヘアバンド⇒

レッグウォーマーは足の爪先から膝までをカバーしてくれる靴下の一種です。
赤ちゃんは特に冬は足が冷えやすく、足を冷やすとなかなか寝付くことができないこともあります。
レッグウォーマーを着用させればレッグウォーマーのおかげで高い温度で保つことができます。
また、赤ちゃんは転倒する恐れもありますが、レッグウォーマーを着用すれば足の怪我を防止できることが考えられます。

スタイもベビー服の一種に含まれます。
スタイとは従来よだれかけと呼ばれていました。
赤ちゃんの多くはよだれを垂らす子が多いですが、スタイがあれば洋服に直接よだれがつくことが少なく、
着替えなくてもスタイだけを交換すればいいため、子育てがしやすくなります。

Quarter Reportのレッグウォーマー⇒

 


ベビー用品を扱う通販について


通販の中にはベビー用品を中心に扱う店舗があります。
テレビで商品紹介をして商品を販売する通販も存在しますが、IT技術の進歩とインターネットの普及、
更にはスマートフォンの利用者の増加に伴い、サイトで通販を行っている店舗もあります。
通販では自身のお子様に使用する抱っこ紐やバウンサーだけでなく、
ギフト用の商品も販売されており、プレゼントを考えている方も通販を利用して相手の好みに合ったものを選べます。

O-BABY.netで出産祝いグッズを探す⇒

O-BABY.netではセール中の肌着などもあるので、ぜひチェックしてみてください。
ランキング形式でベビー用品を紹介し、多くの方に買われている商品を一目で確認できます。
自分の暮らしに合う、ベビー用品を揃える事が可能です。

O-BABY.netのファッションアイテムのランキングを見に行く⇒

Text by O-BABY.net事業部/深海