O-BABY.net -プレママ マタニティ・出産準備-

2016

05.29

0~2ヶ月(ねんね期), ママの奮闘記

背中スイッチの不思議。抱っこから布団に寝かせる方法!

背中スイッチ

授乳中に寝てしまったり、抱っこで寝かしつけた赤ちゃんを寝かせる時、

赤ちゃんが起きて泣いてしまって、

「また一から寝かしつけか…」とガックリした経験のあるママ、

たくさんいると思います。

そんな私も寝かしつけに失敗して「もう嫌だ…」と泣いた事があります。笑

 


1.温度差


 

26355102410_e29e45c588_b (1)

 

まずは、気をつけるのは温度差。

ママの抱っこは人肌で暖かくて心地よいのですが、お布団はひんやり。

この「ひんやり」を赤ちゃんは敏感に…それはもう敏感に感じ取ってくれます。。。

夏はシーツの上にバスタオルを敷いておいたり、冬はベビー布団を湯たんぽなどで暖かくしてください。

部屋によっても気温差があるため、

寝かしつけをする場所と寝かせる場所は極力部屋を変えずに行ってください。

ゆたんぽは低温やけどの危険性があるので寝かせる時に外してくださいね。

 


2.赤ちゃんの姿勢


 

16195841651_b296070705_b

 

抱っこしている時は赤ちゃんは背中を丸めた姿勢になっているので、

いきなり布団に下ろすと丸まった背中がぴんと伸びてしまいます。

姿勢がいきなり変わらないようにするには2つ方法があります。

 

⚫︎足(お尻)から下ろす方法

赤ちゃんの下半身をお布団に起き、赤ちゃんの首下にあるママの腕を

ゆっくり静かに抜いてください。

 

⚫︎頭から下ろす方法

え?頭から下ろすの?と思ったママ。

足から下ろす方法に失敗した時はぜひ頭から下ろす方法も試してみてください。

先に赤ちゃんの頭を先に起き、支えていた腕は体を撫でるようにゆっくりと足の方へと抜き、

最後にお尻を下ろします。

 

ポイントは

どちらの場合も赤ちゃんが姿勢の変化を大きく感じないように下ろす事です。

まず、下ろしたあと赤ちゃんが起きていない事を確認してから

とにかくゆっくりとママの腕を抜きましょう

 


3.おくるみを活用


 

名称未設定 1

 

スワドル巻きというおくるみの巻き方をご存知ですか?

おくるみで赤ちゃんの腕を巻いて固定してあげると

モロー反射(両腕を広げたり脚をビクッと痙攣させたりする原始反射)で目がませてしまう事を

防ぐ事ができるので、赤ちゃんは深くぐっすりと眠ってくれます。

 

⚫︎赤ちゃんの両腕をまっすぐの状態で固定するようにして巻く

⚫︎呼吸が苦しくならない程度に軽く締め付けて巻く

(足や首は固定しないように注意する)

 

以上2点がポイント。

足は固定させてしまうと、股関節脱臼の心配があるので、注意してくださいね。

 

おくるみは、肌の弱い赤ちゃんのために、

素材も柔らかいものを選んであげるのがよいです。

また、ブランケットやバスタオルでも代用できるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

_MG_3655

ブランケットfirstdress

3,456円(税込)

 

150605_081

6重ガーゼケットランデブー

6,264円

 

912xJEMdKcL._SL1500_

6重ガーゼおくるみキャンディリボン

4,860円

 


4.授乳クッションを活用


716o0RFDwOL._SL1500_

生まれる前、赤ちゃんはママのお腹の中で

体を丸めた状態でいますよね。

その時の赤ちゃんの背骨は「C」字型にカーブを描いています。

授乳クッションを利用して、赤ちゃんの背中がその「Cカーブ」になるように寝かせてあげると

赤ちゃんは安心して眠ってくれます。

717N5sYMejL._SL1500_

カドリースネイリーsimplygood

5,996円(税込)

 

名称未設定 1

6重ガーゼマルチクッションランデブー

4,309円(税込)

 


思い通りにいかない

魔の寝かしつけ


 

名称未設定 2

 

何をどう試しても、赤ちゃんがどうしても起きてしまう時もあるし

辛いのにパパも他の家族にも頼ることができない時もあると思います。

赤ちゃんは寝ない時はほんとに寝てくれません!笑

何度娘に泣かされたかわからないです。笑

今、あの頃の私に言えることは、

「いつか寝るから気長に焦らず」

ということだけ。

眠たいけど赤ちゃんが寝てくれないとイライラしますよね。

そういう時は

「今週は頑張ったからパパに2時間だけ任せてお茶しに行こう」

とか

「寝てくれなくてすごく疲れたから家事は手抜きしよう」

とか自分の中で折り合いをつけて、取り組んでみてください。

赤ちゃんが寝ないというのも、

新生児期の短い間だけです。

当事者はとても長い時間に感じますが…。

あの頃はとてもきつかったですが、今となっては新生児期の娘を懐かしく感じます。

不思議なものですね。

少しでもママがおおらかな気持ちで寝かしつけができるように、

いろいろなポイント、試してみてください^^

 

Text by O-BABY.net事業部/深海

 

参考出典:http://koarubiyori.jp/item/11715/2

写真出典:http://photopin.com/