O-BABY.net -プレママ マタニティ・出産準備-

2017

08.23

マタニティコンテンツ, 出産準備のhow to, 話題のベビー用品特集

ベビールームを彩るおしゃれなベビーグッズ

O-BABY.netO-BABY.net子育てTips出産準備のhow to>ベビールームを彩るおしゃれなベビーグッズ
O-BABY.netO-BABY.net子育てTips話題のベビー用品特集>ベビールームを彩るおしゃれなベビーグッズ
O-BABY.netO-BABY.net子育てTipsママの奮闘記>ベビールームを彩るおしゃれなベビーグッズ


おしゃれなコンパクトベッドで
快適なベビールーム


近年のベビー用品はかなり進化しています。
機能的で便利なものや使い勝手のよいものというのは今までも少なからず売られていましたが、
今ではさらにおしゃれで可愛いものがたくさん販売されています。
今回は数あるベビーグッズの中でも特に機能的で且つ、おしゃれなおすすめの商品を何点かご紹介させていただきます。

まず一つ目のおすすめ商品はコンパクトベッドです。
コンパクトベッドとは、持ち運びができる折り畳み式のベビーベッドです。
マットレスとお布団、枕がついているためこれ一つで赤ちゃんのおねんねスペースが寝室、リビング、里帰り先のお部屋などあらゆる場所でもすぐに完成します。
赤ちゃんのおねんねスペースというのは、日中でも赤ちゃんの様子がすぐに分かるようママの目が届くところに用意する必要がありますが、
コンパクトベッドが一つあれば他にベビーベッドやベビー布団を揃える必要もなくなりますし、赤ちゃんの快適なおねんねスペースをすぐに確保することが出来るのです。
また、折りたためるので、使わない時には省スペースで収納することができ、
マンションやアパート住まいでベビールームの確保が難しい方や、寝室の限られたスペースを有効に活用したい方にもおすすめです。

O-BABY.netでコンパクトベッドを探す⇒

生まれたての赤ちゃんは一日の大半を寝て過ごしますし、大人用の布団では柔らかすぎて赤ちゃんに適さない場合もあります。
生後二カ月を過ぎると大人の2倍以上の汗をかくと言われますし、寝返りを始めるようになると、
大人の布団では上手く寝返りできず不自然な体勢になってしまうなど、赤ちゃんにとってストレスとなることもあります。
このような赤ちゃんならではの特徴を考えて作られたベビー布団や寝具を活用して、快適なベビールームを作ってあげましょう。

もっとベビーベッドについて詳しく読む⇒


新生児から大人まで
長く愛用できるベビー用品


赤ちゃんの成長というのはとても著しいもので、産まれてからずっと寝てばかりいた赤ちゃんも数カ月ほどで動き出すようになり、
一年も経つとよちよちと歩き出す子もいます。
体重もわずか生後三カ月頃には生まれたときの約二倍になり、着ていた服もすぐに着られなくなってしまうように、
ベビー用品は使う期間が短くすぐに使えなくなってしまうと思われがちですが、
近年では新生児から大人まで形を変えて長く使えるベビー用品が販売されているのです。

その一つが次におすすめするスクロールチェアプラスです。
スクロールチェアは、新生児期の不安定な赤ちゃんでも安心して乗せることが出来るロッキングチェアに、
離乳食が始まる頃には専用のテーブルを取り付けてハイチェアに、
幼児期になるとキッズチェアにと組み立てや取り付けを変えるだけで長く愛用できる仕組みになっています。

また大人でも安全、安心して座れる設計で作られているため、
フットレストや座面の高さを調節すればダイニングチェアとして使い続けることができる優れものです。
スクロールチェアプラスは天然木で作られており、優しい風合いや曲げ木製法が生み出すフォルムはリビングのインテリアにも相性抜群で、とてもおしゃれです。

新生児から大人まで、形を変えながら使えるスクロールチェアプラス⇒

スクロールチェアプラスの他にも形を変えて長く使えるベビーベッドがあります。
乳児期にはもちろんベッドとして使用できますが、ベビーが成長したらベビーサークルとして使用したり、
キッズベンチとして、ベビールームのおしゃれな家具として使用することが出来ます。
ベビーベッドも使用期間の限られたものというイメージがありますが、こうして形を変えて長く使えるように設計されたものを使用すれば、
金額的にもお得ですし、子供と使った思い入れのあるものを手放さずにずっと使っていられるという嬉しいメリットもあります。

ベビーベッドとして使用した後は、キッズベンチにはや代わり!ファルスカのミニジョイントベッドネオ⇒

 


木のおもちゃは
ベビールームを華やかにする


子供が生まれると増えてしまいがちなのがおもちゃです。
出産のお祝いなどでもよくもらうものの一つでもありますし、子供の年齢や月齢によっても赤ちゃんが興味を持つおもちゃが変わってくるためです。
最近のおもちゃの中には、インテリア性を備えたスタイリッシュなものがたくさん売られるようになっていますし、
ベビールームに飾りたくなるようなおしゃれなデザインのものも多くあります。

特に最近は木でできたおもちゃが贈り物としても人気となっています。
北欧風のシンプルなデザインがとてもおしゃれですし、どこか懐かしさのある木の優しいぬくもりが子供だけでなく大人にも親しみがもてます。
おもちゃに興味を持ち始めた頃の赤ちゃんは物の存在を手で触って判断することがまだ出来ず、舌を使ってその物の情報を得ているため、
なんでも口に運んでしまいますが、木でできたおもちゃであればお口に入れて舐めてしまっても安心です。

日本製で安心。職人が手がけたNIHONの木のラトル⇒

カランコロン♪と音がなる、kiko+のusagi⇒

木でできている積み木にも今では様々なタイプのものが売られており、
丸や三角といった形だけでなく星形や楕円形など様々な形になっていたり、
中に鈴が入っていて音が鳴るようになっている積み木もあるため、遊び方も無限大に広がっていきます。
また最近では木でできた子供用の乗り物も販売されており、木のしっかりとした安定感や優しくやわらかな雰囲気が、
ベビールームをスタイリッシュで華やかにしてくれると、おしゃれママの間でも注目を集めています。

O-BABY.netで木のおもちゃを探す⇒

Text by O-BABY.net事業部/深海