O-BABY.net -プレママ マタニティ・出産準備-

O-BABY.netO-BABY.net子育てTips出産準備のhow to>離乳食用食器選びのコツとは?
O-BABY.netO-BABY.net子育てTips話題のベビー用品特集>離乳食用食器選びのコツとは?
O-BABY.netO-BABY.net子育てTips6-11ヶ月(おすわり・ハイハイ期)>離乳食用食器選びのコツとは?
O-BABY.netO-BABY.net子育てTipsママの奮闘記>離乳食用食器選びのコツとは?


離乳食用食器の必要性


お子様が生まれて間もない頃は、母乳やミルクを数時間おきに1日何度もあげる必要があり、家事に育児にと奮闘される方も多くいらっしゃいます。
ですが、そんな時期もあっという間に過ぎてしまい、生後5~6ヶ月頃には離乳食にステップアップを始めます。

離乳食を始めるにあたって、まず初めに対峙するのが「離乳食用の食器は必要かどうか」という問題です。
実際、離乳食を始めたばかりのお子様は小さじ1杯から3杯程度しか食べません。用意する必要がある量も同じです。
「そんな少量のために、わざわざ食器を用意する必要があるだろうか」という疑問を持つことは、至極当然とも言えます。

離乳食用の食器が必要か不要かという問題について結論から申しますと、必ずしも必要とは言い切れません。開始当初であればなおさらです。
しかし、月齢が進むごとに当然食べることのできる量も食材も増えてきます。
そして食べ方も、食べさせてもらうスタイルから手づかみ食べやスプーンですくって食べる等、自分で食べるスタイルに変わってきます。
そうなると、お子様に合ったサイズのものを用意してあげた方が食べやすいので、
お子様が自分で食べるようになるまでに準備をしておくとお子様も喜んでくれるかもしれません。

もちろん離乳食を開始する前から準備しておくのも手ですし、どのようなものが使いやすいかを見極めてから購入する方法もあるので、
ご家庭に合った方法を採ることがお子様にピッタリな食器を見つけられる近道とも言えます。

キャンディリボンの食器6点セット⇒


離乳食用食器の種類


離乳食用食器を選ぶ上で気を付けたいのは、素材によってメリット・デメリットが異なるということです。
それぞれの特性を理解しておけば、ご自身が求められている性能を持ったものを手に入れることができます。

まずご紹介したい素材はプラスチック製のものです。
多くのベビー用品店で売られており、色やデザイン等も豊富という利点もありますが、
1番のメリットはたとえひっくり返したり落としたりしても割れないということです。
ただ裏を返せばプラスチック製のものは軽いので、簡単にひっくり返ってしまうというデメリットもあります。

そんなプラスチック製のものと相対する関係にあるのが陶器製のものです。
陶器製のものは最近見られるようになり、種類は多いとは言えませんが、陶器特有の丸みを帯びたデザインで可愛らしく、
おしゃれな離乳食用食器として人気を集めています。
そんな陶器製のメリットといえば、重みがあってしっかりしている為ひっくり返してしまう心配が少ないということです。
ですが、やはりデメリットもあります。それは万が一落とした時に割れてしまうということです。
そして、物によっては食器洗い乾燥機を使用することができないので、手洗いをする必要があります。

プラスチック製にはプラスチック製の、そして陶器製には陶器製の良いところがあるので、一概にどちらが良いと言い切ることはできませんが、
お子様が本当に小さく、まだ言葉を理解できないうちはプラスチック製のものを使用する方がケガのリスクを減らすことが可能かもしれません。

お食い初めにも♪離乳食スタートが楽チンになる、ランデブーのはじめての食器13点セット⇒

 


離乳食用食器の使い分け


ここでもう一つお話をしておきたいことがあります。
それはお子様の月齢が進むにつれて好き嫌いが出てくるという問題の解決方法についてのご提案です。

お子様が好き嫌いをするということは自我が芽生え始めてきたという成長の証なので喜ばしいことではありますが、
バランスの取れた食事をしてほしいと願うのが親心というものです。
そんな時には思い切って普段使用しているものとは別に、もう1セット離乳食用の食器を用意してみるとお子様の気分を変える手助けになります。

その際は既にお持ちのものと似ているデザインのものよりは、全く異なるデザイン、材質のものの方が同じ料理を盛り付けたとしても表情が変わって見えるはずです。
お弁当箱を購入してピクニックのような気分を味わわせてあげるのも色々な料理を食べてもらう手助けになるかもしれません。
また、自分の意志をはっきり伝えることのできるお子様であれば、一緒に見て好きな食器を選ばせてあげるというのも一つの方法です。
自分で選んだ食器というだけでもお子様にとっては嬉しいことですし、
愛情を込めて作った料理をそのお気に入りの1枚に盛り付けてあげれば、お子様にとっては何にも代えがたい「ご馳走」のように感じられることでしょう。

他にもお祝い事のある日用にプレートを購入してみるのもお子様の気分を変えるのに役立ちます。
ワンプレートに盛り付けられた料理は、一皿にたくさんの種類のものが盛り付けられているというだけでワクワクしますし、
幼児食になってからも使用することができるので長く使い続けることができます。

毎日の食卓を彩ってくれるのは真心こめて作られた料理であり、盛り付けられる食器でもあります。
そんな素敵な離乳食用食器があれば、お子様のための離乳食作りも「楽しい時間」として楽しむスパイスの役目を担ってくれます。

O-BABY.netで食器を探す⇒

こちらもあわせてどうぞ

Text by O-BABY.net事業部/深海