会員登録すると、取扱い商品 (一部除く)10%OFF

会員登録する

会員登録すると、
取扱い商品
(一部除く)
10%OFF
INFORMATION

O-BABY.net

お問い合わせ

お電話でのお問合わせ

0561-62-4087

受付時間 平日9時~17時 (担当:深海/日比)

インターネットでのお問い合わせ

ログイン

お手持ちのメールアドレスでログインしてください。

旧会員の方はメールアドレスでログインしてください。

メールアドレス
パスワード

ログイン

パスワードをお忘れの方はこちら

会員の方は商品価格10%OFFをはじめ、様々な特典が受けられます。

新規会員登録はこちら

ママスタッフ監修!本当に必要な「出産準備リスト」秋/9・10・11月生まれ編

ママスタッフ監修!本当に必要な「出産準備リスト」秋/9・10・11月生まれ編

シェア LINEで送る facebookでシェア Tweetする メールを送る

出産を控えたママパパへ

私の妊娠が発覚したのはおよそ6年前の冬。
妊娠や出産は人によって体調も違えば環境や感じ方もまったく違うと言います。
食べ悪阻の日もあれば吐き悪阻の日もあったり。私は貧血がひどかったので、錠剤で鉄分を摂取したのですが、嘔吐する体質だったため毎日点滴に通わなければいけなかったり…。 ネットや本に載っている情報は全く参考にならない不安な妊娠生活でした。笑
出産準備をどう行なったかを、自分自身のエピソードを思い出しながら出来あがった「出産準備リスト」。
ご家族や先輩ママのお友だちにも相談しながら出産準備の参考に役立ててくださいね。

秋に出産を控えたママへ

残暑で気温の高い日もあれば、冷たい風が吹く日もあり、気温や気候が不安定な季節です。赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟ですので、重ね着や羽織りでの調整が必要です。
おでかけ時も寒暖差に対応できるように、ブランケットや上着などを準備しておきしょう。上着などの実際に使い始める時期は、お出かけを始める生後1,2ヶ月頃になるためサイズには注意が必要です。

NETスタッフ深海text by
NETスタッフ深海

2010年7月に女児を出産しました。

どの“シーン”のリストをチェックしますか?

肌着 / ウェア

選び方のポイント

気温が下がり始め、日中の寒暖差があるこの季節。
肌着や短胴着などを重ね着などして工夫し、快適な状態を保ってあげましょう。毎日着せるものなので、質の良さや機能性、ちょっとしたお出かけにも使いたいなら見た目のかわいさも気になるところ。
汗を吸収しやすい、ソフトで吸湿性・通気性のある素材を選んでください。
ノースリーブタイプやメッシュタイプもおすすめです。着替えさせ易さもしっかりチェックして購入しましょう。
重ね着出来るアウターやおくるみなども準備しておくと◎

予算の目安
1万5,000円~2万円前後

  • 肌着

    肌着肌着

    必要度:★ ★ ★
    数量:3~6枚

    短肌着/ノースリーブ肌着、コンビ肌着は5~6枚、長肌着は2~3枚ほど準備。コンビ肌着は脚を動かすようになっても使えます。

  • 帽子

    帽子帽子

    必要度:★ ★ ★
    数量:1枚

    おでかけの時、直射日光と紫外線、また日中の寒暖差から守ってくれます。
    頭の保温、保湿や体温調節にも◎

  • ソックス

    ソックスソックス

    必要度:★ ★
    数量:2~3足

    おでかけ用に準備しておくと◎
    肌触りの良いものを選んであげてください。

  • スタイ

    スタイスタイ

    必要度:★ ★
    数量:2~3枚

    吸収性のいいものがおすすめ。授乳時にも便利。歯が生えて、よだれがたくさん出始める頃にもう少し洗い替え用が必要になります。

  • ベビー用洗剤

    ベビー用洗剤ベビー用洗剤

    必要度:★ ★ ★

    肌に直接触れるものを洗う洗剤は、専用洗剤で洗ってあげてください。

  • 汗取りパッド

    汗取りパッド汗取りパッド

    必要度:★ ★ ★
    数量:2~4枚

    赤ちゃんは1日中仰向けで寝ているので、背中は汗でびっしょり。

O-BABY.netがオススメするアイテムはこちら!

ベビー寝具

選び方のポイント

退院したら即必要なベビー寝具は、準備必須!グッズの買い足しなどで1年通して使えたり、里帰り出産でも使えるものは便利です◎
一日の大半を寝て過ごすベビーのために保温性、放湿性が良いもの、また新生児の肌はデリケートなので素材や、マットの硬さ等もチェックして購入しましょう。
バリア機能が発達していないベビーのために体温調節できるようにおくるみやブランケットも準備しておくとお出かけにも使えて便利です。

予算の目安
ベビーベッド 1万5,000円~5万円前後
ベビー布団 1万5,000円~4万円前後

O-BABY.netがオススメするアイテムはこちら!

授乳

選び方のポイント

授乳が意外と腰や腕に負担がかかります。
ラクに授乳が出来る「授乳クッション」は産後リカバリーの必要なママの身体には必須アイテム。妊娠中のママの抱き枕や、ベビーのお座り補助として兼用できるものもあるので、使用期間や使用法はチェックしてから購入しましょう。
また、母乳育児を目指す人も準備しておいたほうがよいのが「哺乳瓶」。搾乳した母乳を飲ませたり、沐浴後の湯冷ましなどの水分補給にも必要です。最低限のものは準備して、産後に様子を見ながら買い足していきましょう。

予算の目安
8,000円~2万円前後

  • 授乳ケープ

    授乳ケープ授乳ケープ

    必要度:★ ★ ★
    数量:1枚

    外出時に人目のあるところでも授乳が可能に。ブランケットとしても使える多機能タイプがオススメです◎

  • 授乳クッション

    授乳クッション授乳クッション

    必要度:★ ★
    数量:1個

    一日に何度も授乳するママの負担を軽減してくれる授乳クッションはあると便利。ぜひ検討してください。

  • 搾乳器

    搾乳器搾乳器

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    母乳をスムーズに搾ることが出来、家族に赤ちゃんをお世話してもらう時や、乳腺トラブル時にも使えます。

  • 哺乳瓶

    哺乳瓶哺乳瓶

    必要度:★ ★ ★
    数量:1~2本

    母乳が足りない時、絞ったものを飲ませる時に。さまし湯やお茶を飲ませる時にも使います。

  • 哺乳瓶洗浄ブラシ

    哺乳瓶洗浄ブラシ哺乳瓶洗浄ブラシ

    必要度:★ ★ ★
    数量:1セット

    哺乳瓶を清潔に使用するために◎
    哺乳瓶の購入時に一緒に購入してください。

  • 哺乳瓶洗剤

    哺乳瓶洗剤哺乳瓶洗剤

    必要度:★ ★ ★
    数量:適宜

    電子レンジ消毒や薬液消毒があります。煮沸消毒であれば専用グッズは不要です。

O-BABY.netがオススメするアイテムはこちら!

沐浴

選び方のポイント

新米パパ・ママの大きな不安のひとつ、「沐浴」。
産院でも沐浴教室のないところもあるので、不慣れな手つきでの首の据わらない新生児の沐浴は大変。沐浴サポートグッズを上手につかって、楽しく沐浴を行い、赤ちゃんにもお風呂好きになってもらいましょう。
生後1ヶ月くらいまでは、大人とは別に入浴させてあげましょう。また、生まれたての赤ちゃんの肌はバリア機能が発達しておらず、大人以上の乾燥肌で刺激に弱いのです。
乾燥し易い季節なので、デリケートな赤ちゃんの肌を優しくケアしてあげる専用アイテムも準備しておきましょう。

予算の目安
5,000円~2万円前後

  • ベビーバス

    ベビーバスベビーバス

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    一緒にお風呂に入れるようになるまでの新生児の沐浴用に。レンタルや安価なビニールタイプもあります。

  • バスチェア/バスクッション

    バスチェア/バスクッションバスチェア/バスクッション

    必要度:★ ★
    数量:1個

    ママが身体を洗っている間、座らせて待たせておくのに便利。

  • 温湯計

    温湯計温湯計

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    沐浴用のお湯の計測に。

  • 温湿度計

    温湿度計温湿度計

    必要度:★ ★
    数量:1個

    赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので赤ちゃんのいる部屋の湿度はこまめにチェックしてあげましょう。

  • ガーゼ

    ガーゼガーゼ

    必要度:★ ★ ★
    数量:10枚程度

    赤ちゃんの沐浴に使ったり、授乳時や汗を拭いたりする時にも使います。首の後ろで留めてスタイとして使うのも◎

  • ベビーソープ

    ベビーソープベビーソープ

    必要度:★ ★ ★
    数量:適宜

    赤ちゃんの肌はデリケートなので専用の低刺激の物を準備してください。

  • 沐浴剤

    沐浴剤沐浴剤

    必要度:★ ★ ★
    数量:適宜

    保清と保湿の効果があり、身体も洗える入浴剤。新生児期のママの体力が戻っていない間は時短になるので便利です。

  • ベビー綿棒

    ベビー綿棒ベビー綿棒

    必要度:★ ★ ★
    数量:1箱

    耳、鼻、おへそなどのお掃除に。細めのベビー専用タイプです。

  • ベビーローション

    ベビーローションベビーローション

    必要度:★ ★ ★
    数量:1本

    ママよりずっと乾燥肌でバリア機能も未熟なベビーには、きちんとした保湿対策が必要です。

  • クシ

    クシクシ

    必要度:★ ★ ★
    数量:1本

    大人用のモノよりやわらかかったり、丸みを帯びていたりしています。

  • ベビーつめきり

    ベビーつめきりベビーつめきり

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    ベビーの指は小さいので専用のつめきりが必要に。はさみタイプが個人的には切りやすくてオススメです。

  • 鼻吸引器

    鼻吸引器鼻吸引器

    必要度:★ ★
    数量:1個

    赤ちゃんは自分で鼻をかめないので、鼻吸引機は必須!
    中耳炎の予防にも◎

O-BABY.netがオススメするアイテムはこちら!

おむつ

選び方のポイント

おむつかぶれなども少ない時期ですが、赤ちゃんの状態はしっかりチェックしてあげましょう。
布おむつではないママも、オムツの横漏れ等で肌着などが汚れてしまう可能性も大いにあるので、専用バケツを用意しておく方がよいかも。
使用済みのおむつ用ゴミ箱も、産後準備するのは大変なので、予め準備しておきましょう。
産後肌の弱い赤ちゃんの場合は、オムツやおしりふきの素材や種類など、早めに調整してあげましょう。

予算の目安
5,000円~1万5,000円前後

  • おむつ替えマット/シート

    おむつ替えマット/シートおむつ替えマット/シート

    必要度:★ ★ ★
    数量:1枚

    外出先や、お布団を汚さないための防水マット。コンパクトに畳めるタイプがお出かけ時も使いやすくてオススメです。

  • おしりふき

    おしりふきおしりふき

    必要度:★ ★ ★
    数量:1パック

    携帯用はコンパクトなタイプを選びましょう。定期便などにするのも◎

  • 紙おむつ

    紙おむつ紙おむつ

    必要度:★ ★ ★
    数量:2パック程度

    新生児期はおむつ替えが頻繁。
    一日に8~10枚ほど使います。

  • おむつ用ゴミ箱

    おむつ用ゴミ箱おむつ用ゴミ箱

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    春夏はゴミ収集日までの匂い対策が必須です。消臭機能つきのゴミ箱やゴミ袋は必需品。

  • おむつポーチ

    おむつポーチおむつポーチ

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    外出時など使用済みオムツを捨てる環境がない場合などに必要に。
    消臭機能付きがオススメです。

O-BABY.netがオススメするアイテムはこちら!

おでかけ

選び方のポイント

退院時から使う「チャイルドシート」や、産後赤ちゃん連れで選ぶのが大変な「抱っこ紐」などは、妊娠中に実物を見たり試着したりして前もって準備しておきましょう。
新生児の場合、付属品の購入が必要なタイプもあったり、日中の寒暖差がある時期なので抱っこやベビーカーのための防寒グッズ、過ごし易くお出かけも頻繁になる時期なので、紫外線対策グッズも必要な場合があります。
使用方法や使用可能時期などは細かくチェックしてから購入しましょう。
おでかけも、マイカーなのか、公共交通機関なのか、パパも一緒に使うのか、パパとママの身長、体重、体型に合うものなのか、ご自身のライフスタイルをイメージして、機能重視で使い勝手の良いものを選びましょう。

予算の目安
3万円~20万円前後

  • ブランケット、おくるみ

    ブランケット、おくるみブランケット、おくるみ

    必要度:★ ★
    数量:1枚

    夏はエアコンがきつかったり、冬場は寒かったりと、色々出番の多いブランケット。持ち運びやすいサイズがオススメです。

  • チャイルドシート

    チャイルドシートチャイルドシート

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    義務化されているので車に乗せる時は必須です。退院時に病院から車で帰宅する場合は、必要になるので予めご準備を。

  • ベビーカー

    ベビーカーベビーカー

    必要度:★ ★
    数量:1台

    「持って軽い」より「押して軽い」方が圧倒的に使い易く、重心もしっかりしているので、赤ちゃんが快適に過ごせます。

  • 抱っこ紐

    抱っこ紐抱っこ紐

    必要度:★ ★ ★
    数量:1~3個

    時期に合わせて使い分けたり、多機能タイプや軽量タイプを買ったりと自分に合うものをシミュレーションして選びましょう。

  • マザーバッグ

    マザーバッグマザーバッグ

    必要度:★ ★
    数量:1個

    おむつや飲み物などのお世話グッズを持ち歩くため収納量が高くて、ポケットなどがたくさんついた機能的なバッグ。

O-BABY.netがオススメするアイテムはこちら!

便利グッズ

選び方のポイント

新生児から座らせておける「バウンサー」は産後身体もリカバリー中で家事に育児にてんてこまいなママをお助けしてくれる赤ちゃんがぐずったときの強い味方。
赤ちゃんの身体にも負担なく座らせておくことが出来るので、家事で手が離せないときや、お風呂上りなどでも活躍してくれます。
安全性や持ち運びの便利さ、使用期間など機能性を細かくチェックして購入するようにしましょう。夏の時期はメッシュタイプがオススメ◎

予算の目安
1万円~3万円前後

  • バウンサー

    バウンサーバウンサー

    必要度:★ ★ ★
    数量:1台

    赤ちゃんの動きに連動して揺らせるバウンサーはリビングでの居場所確保にも大活躍。
    リラックスしていつのまにか眠っています。

  • おもちゃ

    おもちゃおもちゃ

    必要度:★ ★

    赤ちゃんの月齢によって興味のあるものが変わりますが、ビニール袋のかさかさ音はみんな好きかもしれません…。

  • プレイマット

    プレイマットプレイマット

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    赤ちゃんの視覚/聴覚/触覚を刺激する仕掛けがあるので、ねんねの赤ちゃんの好奇心を刺激します。

  • ベビーラック

    ベビーラックベビーラック

    必要度:★ ★ ★
    数量:1台

    新生児期の寝かし付けのサポートで使えます。離乳食時はお食事イスとしても◎

O-BABY.netがオススメするアイテムはこちら!

入院準備

選び方のポイント

出産後、ママの身体はホルモンバランスが崩れ、いつになくデリケートになっています。また乾燥し易い時期なので、お手入れグッズも必須。リラックスして入院生活を送れるように、準備しておきましょう。
ただでさえ荷物が多くなってしまうのが、出産時の入院グッズ。産院で入院する際に準備されているものもあるので、入院準備についての冊子はよく読んでおきましょう。

予算の目安
2万円~3万円前後

  • パジャマ

    パジャマパジャマ

    必要度:★ ★ ★
    数量:2~3枚

    前開きで授乳しやすいタイプやトップス1枚でも着れる長めの丈がおすすめ。予め産院で準備されている場合もありますが、私は気に入った肌触りのモノを持ち込みしました。

  • 授乳ブラ

    授乳ブラ授乳ブラ

    必要度:★ ★ ★
    数量:2~3枚

    出産後すぐ授乳指導が始まるので、授乳ブラは必須!産院にコインランドリーがあるか予め調べておき、夏は授乳時に汗をかきやすいので多めに持って行っておくのが◎

  • 産褥ショーツ

    産褥ショーツ産褥ショーツ

    必要度:★ ★ ★
    数量:2~3枚

    産後すぐから始まる悪露の手当てに使う前開きタイプ。会陰切開をした場合、動くことが大変で痛いので、ゆったりしたサイズがオススメです。

  • 母乳パッド

    母乳パッド母乳パッド

    必要度:★ ★ ★
    数量:1パック

    産後から母乳の出やすい人もいるので必須。私は出やすいタイプだったので、1パック使い切るペースで必要でした。
    産院に準備がある場合も。

  • お産用パッド

    お産用パッドお産用パッド

    必要度:★ ★ ★
    数量:1パック

    サイズは病院から指定があることも。大体Lサイズの指定が多いようです。生理用ナプキンの夜用多めの大きなタイプでも代用でき、産後も使えるのでお産用パッド+で持っていくと◎
    産院に準備がある場合も。

  • 洗浄綿

    洗浄綿洗浄綿

    必要度:★ ★ ★
    数量:1パック

    産後の悪路や授乳前の乳首ケアなどに使用。ウェットタイプです。産後は肌も敏感になっているので、ウェットティッシュよりも柔らかい洗浄綿が役立ちました!

  • 骨盤ベルド

    骨盤ベルド骨盤ベルド

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    オススメは産後直後から使えるもの。私は産後腰痛がひどかったのですが、産後直後からすぐに使用し、歩くのがラクになりました。ただし帝王切開の場合、傷口の締め付けには注意してください。

  • 円座クッション

    円座クッション円座クッション

    必要度:★ ★
    数量:1個

    傷口が痛んで座れない場合などに便利。痛みに弱い私には、これがないと座れなかったので必需品でした…。
    産院に準備がある場合も。

  • 肌着

    肌着肌着

    必要度:★ ★ ★
    数量:各3~6枚

    貸し出してもらえる産院が多いようです。私は退院時用と、来客がある時のちょっとしたおめかし用の数枚あれば問題なかったです。

  • 退院ウェア

    退院ウェア退院ウェア

    必要度:★ ★
    数量:1セット

    退院時に写真を撮りたい場合は準備しておきましょう。レンタルor普段使いできるタイプの方がおすすめ◎私の場合、ベビードレスは他に使う機会がなかったので、ちょっとしたおでかけにも使えるようなタイプを着せました。

  • うちわ

    うちわうちわ

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    とにかく陣痛中は暑くて汗をかきます。ぬれタオルを凍らせたり保冷剤を使うのも◎私の陣痛時は母がずっと仰いでくれていました…。

  • テニスボール

    テニスボールテニスボール

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    いきみ逃がしの定番品。私は院長が貸してくれた「ゴルフボール」に助けられました。腰痛持ちの場合は固いゴルフボールのほうがオススメ!

  • ストロー付きペットボトルホルダー

    ストロー付きペットボトルホルダーストロー付きペットボトルホルダー

    必要度:★ ★ ★
    数量:1個

    ストローでもかまいませんが、ベッドから起き上がって水分補給できる状態とは限らないので持って行くのがオススメ。

  • 冷却ジェルシート

    冷却ジェルシート冷却ジェルシート

    必要度:★ ★
    数量:3~4袋

    胸のハリを冷やしたり、産後の暑さや火照りをしのぐために。夏の出産だった私には必需品でした…。

  • 基礎化粧品

    基礎化粧品基礎化粧品

    必要度:★ ★ ★
    数量:おまかせ

    入院中、エアコンなどの室内環境で思った以上に乾燥肌に。私の出産時にはさっと使えるスプレータイプやボディクリームなども使いました

  • メイク用品

    メイク用品メイク用品

    必要度:★ ★ ★
    数量:おまかせ

    退院時に写真を撮ったり、出産祝いに来る友人を迎え入れたり、最低限のセットは持っていったほうが良いかも。
    私はBB(CCでも可)クリームとクリームチーク(リップも色づけ出来るので)でなんとか血の気のある顔を作っていました(笑)

  • 診断書など

    ・母子手帳・診察券・健康保険証・印鑑・母子手帳 ・診察券
    ・健康保険証 ・印鑑

    急なトラブルも考えられるので常に持ち歩くようにしましょう。

O-BABY.netがオススメするアイテムはこちら!

出産準備コンテンツ

  • ママスタッフ監修!本当に必要な「出産準備リスト」春/3・4・5月生まれ編
  • ママスタッフ監修!本当に必要な「出産準備リスト」夏/6・7・8月生まれ編
  • ママスタッフ監修!本当に必要な「出産準備リスト」冬/12・1・2月生まれ編
  • 妊娠中のカラダの変化と極意6選
  • 3つのキーアイテムはこう選ぶ! 『#1 ベビーカー』
  • 3つのキーアイテムはこう選ぶ! 『#2 抱っこ紐』