O-BABY.net -プレママ マタニティ・出産準備-

2018

08.01

出産準備のhow to, 出産祝いのhow to, 話題のベビー用品特集

出産祝いにおすすめのベビー用品プレゼント


出産祝いにおすすめの
ベビー用品プレゼント



ベビー用品を贈る際の注意点


友だちや親戚に赤ちゃんが生まれたときに、ベビー用品を出産祝いとしてプレゼントする機会があります。人気ベビー用品でおすすめのプレゼントはいくつもありますが、案外、選び方で悩むことが多いものです。また、せっかく贈っても、相手に気に入ってもらえなければ、プレゼントを贈る甲斐がありません。出産祝いは他のお祝いとは違い、注意点があるので紹介します。

 

1.出産祝いは赤ちゃんが生まれてから贈る

まず、出産祝いは赤ちゃんが無事に生まれた後に贈ることが常識だということです。最近はアメリカ生まれのベビーシャワーで、出産前のお祝い習慣を楽しむ方も増えていますが、医学が進歩した現在でも、出産時の危険がまったくなくなったわけではなく、思わぬことでママが危険になるケースもあります。なるべく出産後、ママの体調が落ち着いてから贈るようにしましょう。

 

2.おむつケーキを出産祝いで贈る時の注意点

次にベビー用品で必ず必要になる、紙おむつを出産祝いにするのは、おすすめできない場合もあります。というのは、特定のメーカーのものでないと、お尻がかぶれるという赤ちゃんも少なくないからです。最近はおむつをケーキのようにラッピングして贈る「おむつケーキ」が人気ですが、このような場合にはママに使っている紙おむつの種類を聞いてから贈るようにすると良いでしょう。

 

3.メモリアルグッズを出産祝い贈るときの注意点

最後に赤ちゃんの写真を飾る写真立てや、アルバムなどは出産祝いに人気のメモリーグッズですが、それだけに重なってしまうことが多くなることが考えられます。写真立てやアルバムがいくつもあっては困ることもあるので、リクエストを聞いたり、なるべくいくつあっても困らないものを基準にして選んだりすることをおすすめします。

 


いくつあっても困らないベビー用品


では、いくつあっても困らないベビー用品にはどんなものがあるのか、紹介します。

 

1.タオルやスタイ

タオルや、スタイは何枚あっても困りません。また、デザインが可愛いスタイや、素材が高級な肌触りの良いタオルは一般的にはそれほど高価ではなく、安すぎることもないのでプレゼントにぴったりです。タオル地のポンチョならお風呂上がりだけでなく、肌寒い季節のお出かけ時にも使えます。

⇒ファーストドレスのポップな柄のスタイ
定価:1,404円(税込)

 

2.抱っこ紐やおんぶ紐

続いて、抱っこひもやおんぶひもは、いくつかあると予備のストックになります。普段、よく使用する抱っこひもやおんぶひもは、汗をかきやすい季節など特に汚れやすいものです。頻繁に洗濯することが多いので、洗い替えがあれば、抱っこひもやおんぶひもに不自由することはありません。赤ちゃんを連れて外出することが多いママさんの抱っこひもは傷みやすいので、今は必要なくても、買い換えの際に重宝されるでしょう。

⇒O-BABY.netでベビービョルンの抱っこ紐を見る

⇒新生児からロングユースできるスナッグリースリング

 

3.授乳ケープや授乳マント、授乳服

他に出産祝いというとベビー用品をイメージしがちですが、ママが使うグッズも出産祝いになります。脱ぎ着が楽なケープやマントは、赤ちゃんの授乳の際に目隠しになりますし、冷房が効き過ぎた室内では防寒着にもなります。授乳するときに乳房が隠れるようなデザインの授乳服も出ているので、母乳で育てているママさんにプレゼントすると喜ばれそうです。

⇒Quarter Report(クォーターリポート)の授乳ケープ

 

4.内祝いのお返しについて

ところで、出産祝いには内祝いをすることが礼儀で、内祝いの相場はもらったお祝いの半額です。ですから、出産祝いのお返しも考えて、平均額も一応頭に入れておきましょう。友人なら3000~5000円程度、兄弟姉妹は5000~10000円程度です。少し高価なベビー用品をプレゼントしたいときは、友人たちでお金を出し合って贈るのもおすすめです。その際は内祝いで送り先を迷わないように、のしに連名で名前を書いてもらうか、名前を記したカードを添えると良いでしょう。

 


先輩ママが嬉しかった
出産祝いランキング


 

1.高価なベビー用品

実際に先輩ママさんたちにアンケートを採った、ある調査結果があります。もらって嬉しかった出産祝いで、ベビーカーやチャイルドシートなど、ちょっと高価なベビー用品が人気ランキングトップなりました。他にハイアンドローチェアや、抱っこひもやおんぶひももランクインしています。育児用品として必須アイテムで、現実的な好みが反映されています。

⇒O-BABY.net人気No.1を何度も取った、ベビーカー&チャイルドシート一体型モビリティのDoona.(ドゥーナ)

⇒出産祝いランキングは毎月ランクイン!バウンサーからベビーチェアに変身する”スクロールチェアプラス”のフルセット、「チェアインファントフルセット

 

2.すぐ着れるサイズのベビー肌着

2つ目は赤ちゃんがすぐ着られるサイズの肌着やロンパース。デザインはなるべくシンプルなデザインを選び、オーガニックコットンなどの素材を選択すると、すべてのママさんに喜ばれる出産祝いになります。ママが好きなブランドが分かっていれば、そのブランドの肌着でも喜ばれるでしょう。赤ちゃんが生まれてすぐ着られて、外出に使える肌着やロンパースは何枚あっても困りません。

ファーストドレスの綿100%の肌着は肌触りもやわらかく、お出かけ着にも♪

 

3.ベビーの消耗品

3つ目は紙おむつやミルクなどの消耗品がランクインしました。ただし、紙おむつは前述したように、赤ちゃんによっては、メーカーによってお尻がかぶれることがありますし、ミルクも母乳派のママさんもいますので、事前に情報収集することが必要です。ベビー専用の洗濯石鹸などは、消耗品なので喜んでもらえます。

⇒Made Of Organics(メイドオブオーガニクス)の洗濯洗剤

 

4.ママへの出産祝い

4つ目はママさんへの出産祝いです。赤ちゃんはもちろん、頑張ったママへ「お疲れさま」の気持ちを込めてプレゼントすれば、嬉しくないママはいないはずです。好みが分かっていれば、赤ちゃんとお揃いの服でも良いですし、産後ゆっくりするために、マッサージオイルなどのアイテムもおすすめです。

⇒オーガニック成分の高さNo.1のKoala Baby(コアラベビー)のマッサージオイルシリーズ

 

5.育児便利グッズ

5つ目は赤ちゃんとの生活に使える育児に便利なグッズ。例えばベビーカー用のレインカバー、買い物かごにすっぽり入るエコバッグ、ベビーカーに外付けできるステップなどがあります。外出時に赤ちゃんはベビーカーに乗り、上の子はステップに乗るという風に使えます。第2子の出産のプレゼントとしておすすめなものになります。また、バウンサーもママが家事をする際、赤ちゃんをあやすのに使えるので、人気の出産祝い品となります。

ベビービョルンバウンサーバランスシリーズ

Text by O-BABY.net事業部/スタッフ