妊娠発覚から出産までの悪阻の話[スタッフ経験談]

妊婦さんといったらまずはじめに思い浮かぶことってなんですか?
私は出産を経験をする前からテレビなどの影響か悪阻(つわり)が真っ先に思い浮かんでいました。イメージでは炊飯器からの匂いに可愛らしくウッとなって洗面やトイレに駆け込む感じです。
ですが実際にはイメージと全く違う経験をしたのです。

 

最初は胃の痛みからいつからいつまで?始まった辛いつわり生活

私の妊娠の始まりは胃の痛みでした。
最初は疲れてるのかなと思い、家にある胃薬を飲んでやり過ごしていました。。
ですが1週間程たっても治る気配がなく、この頃には吐き気もプラスされだいぶしんどかったのを覚えています。
この時はさすがにしんどく、胃腸風邪なのかなと思い病院にかかりました。
病院でも最初は胃腸風邪として診察していただいていましたが、
ふと先生から妊娠の可能性が有るかもと伝えられここで初めて妊娠を考えました。
まさか!と思っていましたが念のため病院の帰り道に妊娠検査薬を購入し検査をしたら陽性でした。
ここから私のつら~いつら~い悪阻(つわり)生活が始まったのです。

\葉酸不足をチェック!「DNA YOSAN葉酸代謝遺伝子検査キッ ト」/

 

悪阻(つわり)の症状

最初に胃の痛みから始まった悪阻(つわり)。
私の悪阻(つわり)の症状としてはキリキリとみぞおち辺りが痛いのですら辛いのに、次は吐き気が襲ってきました。
まずダメだったのは何かを食べること。
この時点では食べたい欲はあるのに食べると吐いてしまう食べづわりで全く食べれなくなりました。
次にきたのが、匂いです。
食べ物の匂い、車の匂い、朝起きた瞬間の自分の家の匂いまでもNGとなりました。
特に、炊き立てのご飯の香りは、定説通り本当に気持ち悪くなってしまいました。
もちろん人の匂いにも敏感になっていき外出も難しく、旦那すらもクサイと感じるようになりました。
1日中、家の中でも吐くためのポリ袋を持ち歩き辛い日々でした。

 

悪阻(つわり)の時の食べ物

私が悪阻(つわり)中の症状として食べれたものとしては、マクドナルドのポテト、トマト、グレープフルール(ジュース)です。
本当にそれ以外は食べることができなくて、、、
辛い日々が続きました。
これ、Twitterで見たやつだあ。。。と思いながら、毎日の悪阻(つわり)と戦っていました。

 

辛い中でのモチベーションUP

日に日に状態は悪化し、仕事以外は外の出ることさえ億劫になってしまう程、
辛い日々でしたが私には楽しみにしていたことがあります。
それは妊婦健診です!!!
体調の悪い私には病院に行くことも、自分の番まで時間を待つのも大変でしたが、
検診に行くとエコー検査で赤ちゃんの姿が見れたり、心音が聞けるんです。
ある程度、大きく育ってきたら4Dエコーで立体的に赤ちゃんを見ることも出来るんですよ。
普段は胎動やお腹が大きくなることで赤ちゃんがいることを感じれますが、実際に赤ちゃんを見ることはできないので、
検診に行くたびに赤ちゃんが元気に頑張っている姿を見て、ママも頑張るぞ~!とモチベーションを上げていました。

 

先の見えない悪阻(つわり)

妊婦を経験されたことのある皆さん
悪阻(つわり)っていつまで続いていましたか?
大体の方が安定期に入ってくると落ち着いてくるそうですね。
ですが私は出産する直前まで悪阻(つわり)との戦いでした。
嘘の様ですが本当の話なんです。
今でも悪阻(つわり)は私にとって恐怖体験の様なもので、子供を産んでもう7年になるのに2人目が考えれないのです…。

 

私の何がいけないの

同じ妊婦なのにどうしてみんなそんなに元気なの?
どうして楽しくお出かけできるの?
妊婦になって時期が経てばたつほど悪阻(つわり)がひどくなり、そこに貧血やお腹のハリで絶対安静になってしまったり、
毎日なにかしら悪いところがありどんどんネガティブモードに突入。
自分だけがこんなに辛い、もう嫌だ、妊婦なんて辞めたい、産みたくない、私が何か悪いことでもしたのかと不安定になっていきました。

 

陣痛中にもつわり!でも赤ちゃんに会ったら吹っ飛んでしまった

私の悪阻(つわり)は陣痛が来てもあったんです。
悪阻(つわり)にプラス陣痛なんてもう最悪!!!
しかも陣痛が始まってから赤ちゃんが生まれるまで28時間。
その間、陣痛の痛みにもだえ急にくる吐き気にゲッソリという感じでした。
こんなに辛かった悪阻(つわり)も赤ちゃんが生まれた瞬間、すっかりどこかにいちゃいました!!!
小さな小さな自分の子が頑張って泣いてる姿を見たらすごく辛い妊娠期でしたが、頑張って良かったと思えました。

 

生まれてからの不思議

出産中は悪阻(つわり)どころじゃなかったですが、出産を終えてからふと気付いたら不思議なことに悪阻(つわり)がなくなっていたのです。
あの気持ち悪さや吐き気や胃の痛みがまったく無くなり驚きました。
妊娠中食べれなかった物も出産を終えた後はなんでも食べられました!
あれだけ拒絶していた物がすごく美味しく食べれ、妊娠期、出産を頑張ったご褒美かしらと少し幸せな気持ちになれました。
悪阻(つわり)で悩んでいる方も出産が終わった後には小さな幸せが待っているかもしれませんよ。

 

周りは気にしない!みんなそれぞれ違うんだ!

悪阻(つわり)は出産を終えて7年も経つのに今でもわたしの中では忘れられないものです。
ですが今だからこそあの時の事を話すことが出来ます。
あの時は余裕も無かったですが、経験したからこそ話せることや、色々な体験談を周りの人に聞きみんなそれぞれ辛いことや良かったことがあるんだと分かりました。
辛いことが続くと周りと比較してしまうかもしれませんが、人それぞれ妊婦の時期に起こることは違うので、自分は自分と妊婦生活を大切にしていただきたいです。

\葉酸不足をチェック!「DNA YOSAN葉酸代謝遺伝子検査キッ ト」/

 

まとめ

悪阻(つわり)の症状は本当に人それぞれです。
症状は軽い方も重い方も全くなかったという方までいるので本当に不思議ですね。
妊婦さんにとっては悪阻(つわり)はきついものですが、これを乗り越えた先には想像できない程の喜びや幸せが待っているのでそれを楽しみに頑張って下さいね。

Text by O-BABY.net事業部/武藤

受注スタッフ 武藤

30,920 views

自分の子育て経験が少しでもお役に立てれば嬉しいです。 美容が好きなので、マタニティーの方やママでもできる美容方法などをお伝えしていきたいと思います!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧