O-BABY.net -プレママ マタニティ・出産準備-

2018

08.05

出産準備のhow to, 話題のベビー用品特集

本当に必要なものは?出産準備リストのススメ


本当に必要なものは?
出産準備リストのススメ


 


出産準備リストに挙げたいもの、
ママ編


今までお腹の中で大切に育ててきた我が子をいよいよ出産!の前にやっておかなければならないこと、それが出産準備です。いざ陣痛が来たときに何も準備していなくて焦ることがないようにしたいものです。だからといって何を準備したら良いのか、本当に必要なものは何か、わからない方も多いのではないでしょうか。出産準備は結構な金額が必要になってくるため、無駄なものは買いたくないものです。そこで出産準備で本当に必要なものをママ編とベビー編に分けて紹介します。出産準備リストを作成して自分に本当に必要なものかを考えながら、慌てずゆっくりと出産に備えられるようにしましょう。

はじめに産前から産後にかけて使えるものを挙げていきます。まず、マタニティ用の下着です。特にマタニティブラジャーは産前から徐々に大きくなるバストにも対応でき、締め付けないものが快適です。産後には授乳も簡単にできる授乳ブラを買っておくと産前にも産後にも使えるのでオススメです。他には母子手帳ケースや、マタニティウェア、サプリメントなど色々あります。産前は体調が良いときなどに自分の好みに合ったものを探して楽しみながらマタニティライフを過ごしましょう。

つぎに入院の際に必要なものを挙げます。まず、マタニティパジャマです。マタニティパジャマの特徴はお腹まですっぽり覆ってくれる長い丈と授乳口がついたトップス、調節できるゴムがついたパンツです。お腹が大きくなる妊娠後期にもゆったり着ることができます。マタニティパジャマはワンピース型など様々な種類があるので、好みに合わせて楽しみながら選べます。産褥ショーツは股の部分がマジックテープで開くことができるショーツで、産後の出血でナプキンを交換するのに必要です。その他にはサポーターや母乳パットなどがあります。これらは個人によって必要かどうか変わるので、先輩ママに聞いたり調べたりして本当に必要かどうか、産後のことを想像しながら考えてみるのも楽しいでしょう。また、病院によって必要なものが変わってくるので、病院で配布されるリストも参考にすると良いでしょう。

O-BABY.netママスタッフ監修の「妊娠中のカラダの変化と極意」⇒

O-BABY.netのマタニティグッズを見てみる⇒

 


出産準備リストに挙げたいもの、
ベビー編


待ちに待ったベビーとの日々を想像しながら赤ちゃん用品を選ぶことも出産準備の醍醐味のひとつです。生まれてから準備しても遅くないものも多いので、本当に必要なものだけをリストアップすることによって無駄な出費を抑えることができます。

退院時からすぐ使うものは、まず衣類です。赤ちゃんはウンチやオシッコが漏れてしまうことが多いので肌着は5枚くらいあると安心です。兼用ドレスは最初はドレスとして、足をバタバタするようになり活発になってきたらカバーオールとして使用できるので便利です。衣類は季節によって大きく変わります。冬に生まれるベビーには短肌着の他に長肌着またはコンビ肌着が必要です。予定日に合わせた肌着やお洋服を準備してあげましょう。おくるみは退院するときや抱っこで移動するとき、寝ているときなど使う場面が多いです。ガーゼは入院中から色々なシーンで使えるので用意しておきましょう。病院から家に帰るときにはチャイルドシートが必ず必要です。種類が豊富なチャイルドシートですが、使用できる月齢幅や機能も様々です。ご家庭の生活スタイルや家族構成、車種なども考慮に入れて、ピッタリのものを探しましょう。もちろん初めは新生児から使えるものを購入することが大切です。

ベビーカー&チャイルドシート一体型のベビーカーdoona(ドゥーナ)

 

次に退院後、ご家庭ですぐ使うものを紹介します。まずは新生児用オムツ、おしりふき、赤ちゃん用爪切り、赤ちゃん綿棒、ベビー用ソープ等です。赤ちゃんは爪がすぐ伸び、その爪で自分の顔などを引っ掻いて傷つけてしまうので、こまめに爪を切らなくてはなりません。先が丸くなった赤ちゃん用の爪切りだと安全に爪が切れます。赤ちゃん綿棒はお風呂上がりに耳の掃除をしたり、鼻の掃除をしたりと使う場面が多いです。お風呂では初めは刺激の少ない赤ちゃん用のソープで洗ってあげましょう。

O-BABY.netに沐浴グッズを見に行く⇒

 

必ず準備しなくてはならないものばかりではありません。ベビーバス、ベビーベッド、ベビー布団は必要なかったという先輩ママもいます。使う期間が短く場所をとるものなので、家庭環境や代用できるものがあるか等、考慮した上で購入を考えてみるといいでしょう。

春生まれの出産準備リスト/3.4.5月生まれ編は画像をクリック!

夏生まれの出産準備リスト/6・7・8月生まれ編は画像をクリック!

秋生まれの出産準備リスト/9・10・11月生まれ編は画像をクリック!

冬生まれの出産準備リスト/12・1・2月生まれ編は画像をクリック!

 


出産後の準備でも遅くないもの


出産準備リスト、項目が多すぎて憂鬱になってしまいそうです。しかし、実は退院後に赤ちゃんと生活しながら様子をみて、必要になってからの購入でも遅くないものも沢山あります。家にあるもので代用できることもあるので、慌てて全部そろえる必要はないのです。

急な授乳に便利な授乳ケープや授乳口付きトップス、最近では個室で授乳ができるスペースを設けたお店や施設も多いので、人目を気にせず授乳ができるようになりました。もちろん、あるととても便利なので、ご家庭の生活スタイルに合わせて購入を考えてみましょう。授乳クッションやマザーズバックも、やっぱり欲しいなと思ってからでも遅くないものです。

数ヶ月から数年の短期間しか使わないベビー用品ですが、購入せずに過ごしてみたら案外なくても済むものも沢山あります。慌てずゆっくり出産準備リストを作成し、本当に必要なものだけを賢く購入して、安心して出産を迎えましょう。

 

Text by O-BABY.net事業部/スタッフ