赤ちゃんにオススメ!“着る布団”、「スリーパー」

寝ている子どもの身体を包み、寒さから守ってくれる「スリーパー」。
子育てするようになってから初めて耳にした方も多いはず。
いつから使うべきかよくわからず「買う必要はあるのかな?」と、悩むパパとママもいるのではないでしょうか。

実はスリーパーは、素材や種類の違いを踏まえて上手使うことで、子どもと大人両方にメリットがあります。
選ぶ時のポイントや、細かな違いを知り、スリーパーを使って生活を快適なものへと変えてみましょう。

 

スリーパーは寝返り、寝相が激しい赤ちゃんにおすすめ!

寝かしつけの時にはしっかりとかかっていた布団が、気が付いた時にははがれている……なんてことはありませんか?
眠っているときの子どもは、意外にも激しく動きますよね。
夜中に何度も布団をかけなおしていては、心と身体はなかなか休まりません。

そのような時に役立つのがスリーパー。
子ども用寝具の一つであるスリーパーは布団とパジャマが合わさったような役割を持っています。
ファスナーやボタンなどで身体をすっぽり覆い、子どもの身体を冷えから守ります。

身体がしっかりと包まれるので、眠っている子どもが寝返りをしても、布団を蹴飛ばしてしまっても大丈夫。
子どもの身体が冷えていないか、夜中に何度も確認してしまうパパやママにとって、スリーパーは夜間の心強い味方となりますよ。

 

スリーパーはなぜ必要?

スリーパーは、生活をするうえで必需品ではありませんが、持っていることでさまざまなメリットがあります。
どのような効果があるのかをご説明しますね。

もっとも大きな効果は、体の冷えを防ぐこと。
子どもが夜間活発に動いても、スリーパーなら外れることはありません。
おなかを出したまま朝まで寝てしまう、という心配とは無縁です。
また、足までの長さがあればウンチやおしっこが漏れたときに、スリーパーが汚れを受け止めてくれるファインプレーを起こしてくれることも。

そしてもう一つのメリットは、顔に布がかぶさらないこと。
スリーパーは、お腹や脇の部分のチャックやボタンで留まっているので、めくれ上がることがありません。
乳児は自分で顔かかった布団をよけられないため窒息の恐れがつきものですが、スリーパーであれば窒息の可能性を下げられます。

 

スリーパーは季節に合ったものを選ぼう。おすすめの素材は?

子どもの体温調節に役立ってくれるスリーパーですが、その良さを最大限生かすには、素材選びがとても大切です。
温度と素材がかみ合っていなければ、暑くて汗をかいたり、寒くて風邪をひいてしまったりと逆効果。

季節や使っている寝具、子どもの様子に合わせて選ぶことがポイントとなります。
暑い時期と寒い時期、それぞれの時期におすすめの生地をご紹介します。

 

暖かい季節は、通気性や吸水性に優れたものを

暖かい季節は、お腹を冷えから守りつつ、背中の汗を吸い取ってくれるような生地がおすすめです。
吸水性や通気性が優れている生地がおすすめですが、その一つはガーゼ生地です。

ガーゼは麻や綿、絹などの素材から作られ、それぞれ肌触りが異なります。
どのような素材であっても汗をすぐに吸い取り、朝までサラサラな肌をキープしてくれるのが特徴です。
また、通気性が優れているので、熱がこもりにくく、蒸し暑い季節でも快適に過ごせます。

厚すぎないものであれば、ふかふかに仕上げたパイル生地もおすすめ。
ガーゼ生地と同じく通気性と吸水性が高く、柔らかな肌触りで赤ちゃんの肌を包みます。
保温性もあるので、気温差のある時期でも使いやすいところがうれしいですね。
有名なブランドとして今治タオルなどがあげられます。

素材にこだわるママやパパは、綿(コットン)素材のなかでもオーガニックコットンはいかがでしょうか。
厳しい審査をクリアした農地で、化学薬品や農薬を使わず丁寧に育てられた綿花から作るオーガニックコットン。
少し値段が高めですが、赤ちゃんの肌への刺激を抑えたい方に人気がありますよ。

 

寒い季節は、保温性を重視しましょう

秋冬は暖かい季節と比べて、寒さからしっかりと赤ちゃんを守る保温性がポイントとなっています。
しかし、暖かさを重視しすぎて重くなってしまわないよう注意してくださいね。

保温性と軽さのバランスの取れた素材といえば、羽毛やフリースです。
暖かさをキープしつつも軽いので、寝返りなどもしやすく快適な眠りを妨げません。

冬にスリーパーを着せるときは、中に着る衣類との組み合わせに意識しましょう。
赤ちゃんは寒い季節であっても汗をかきやすいので、あまり厚着になりすぎないよう調節してくださいね。

 

スリーパーの種類は、年齢や子どもの様子に合わせてチョイス

スリーパーは、形や着脱の方法によって大きく3つのタイプに分かれます。
それぞれの特徴を踏まえて、子どもの成長に合ったものを選びましょう。

 

赤ちゃんが寝たままでも着せやすい「横開きタイプ」

スリーパーの中でももっとも多くの商品がある形は、横腹の部分にスナップボタンなどがある横開きタイプ。
スポッとそのまま被るものと、前と後ろが分かれ袖を通さずに着せられるものがあります。
寝たままでも着せやすい横開きタイプは、新生児からも着られるので、長い期間使用できます。

6重ガーゼ スリーパーfarska(ファルスカ)

赤ちゃん用のスリーパー。
おふとんからはみ出しても安心、寝冷えを防止します。
高品質なファブリックを使用しています。
赤ちゃんのデリケートなお肌にぴったりの吸湿性があり、柔らかな肌触りの3重ガーゼ(天然素材コットン100%)を使っています。
洗うごとにふんわり柔らかくなります。
ガーゼ生地を使用した薄手タイプなのでで、あたたかい部屋で寝かせる場合や、暑い夜に着せてあげても快適です。
股部分をボタンで留めると、めくれ上がるのを防止してくれます。

定価:4,620円(会員登録すると、定価より10%OFF!☆マークをクリック⇒

 

動き始めたら形をチェンジ「2weyタイプ」

スリーパーのおなか側にボタンがついている2weyタイプは、成長に合わせてボタンの留め方を変えられることが大きな特徴です。
赤ちゃんの寝返りが激しくなってきたころや、歩き始めたら、裾を足つきの形に留めます。眠っている間に大きく動いても裾がまくれる心配がありません。

6重ガーゼ 2wayスリーパーfarska(ファルスカ)

通気性・肌触りの良い6重ガーゼのベビー用スリーパーです。
おふとんからはみ出しても安心、寝冷えを防止します。
高品質なファブリックを使用しています。
赤ちゃんのデリケートなお肌にぴったりの吸湿性があり、柔らかな肌触りの3重ガーゼ(天然素材コットン100%)を使っています。
洗うごとにふんわり柔らかくなります。
リバーシブル仕様です! ガーゼ生地を使用した薄手タイプなのでで、あたたかい部屋で寝かせる場合や、暑い夜に着せてあげても快適です。
股部分のボタンを閉めるとカバーオールとしてもご利用いただけます。

定価:5,280円(会員登録すると、定価より10%OFF!☆マークをクリック⇒

 

スムーズな着脱ができる「前開きタイプ」

ベストのような形の前開きタイプは、ボタンやチャックなどで動き回る子どもにもサッと着せられる手軽さがポイント。
歩き回るような時期から、自分でやりたい気持ちが芽生える2歳代、そして就学時まで幅広い年齢に適しています。

 

そのほか、袖の有無や洗濯表示も要チェック

スリーパーには、袖のあるものとないものがあります。
冬の寒い時期の防寒なら長袖タイプを。
お腹の冷えを防止するためなら袖のないもの、といったように使用する目的によって使い分けるといいでしょう。

また、肌に直接触れることになるため、清潔をキープすることはとても大切です。
繰り返し洗濯をするので、洗濯機で使用できるものを選ぶのがおすすめです。
商品によっては、手洗いのみのスリーパーもあるので、確認してから購入することが望ましいですね。

 

おすすめスリーパー

ここからはスリーパーのおすすめをご紹介します!選ぶときの参考にしてくださいね。

 

ファルスカ 「6重ガーゼ 2weyスリーパー(ベビー)」

かわいい「北欧デザイン」に「日本の暮らし」に合う機能性を融合させた育児用品ブランドのファルスカ。
子育て中のパパやママからも人気のあるファルスカから発売されているスリーパーから、子どもの年齢に合わせて形を変化させて使用する2weyタイプをご紹介します。

一歳前後は足元のボタンをしめてめくれないように。
大きくなってきたらすっぽりとかぶるように。一枚を長く使用できるところもポイントです。

薄手の6重ガーゼ特有の通気性と吸湿性で、朝までさらりとした肌心地をキープ。
また、ガーゼ生地は洗うごとにふんわりと柔らかくなるので、子どもの成長ともに触り心地の変化も楽しめるでしょう。

6重ガーゼ 2wayスリーパーfarska(ファルスカ)

 

TRICKHOLIC「6重ガーゼスリーパー」

洗うたびにふんわりと、ふっくら空気を含みます。
カラーはピンク、ベージュ、グレーの3色。

S 身幅約33cm ~ 着丈約55cm
M 身幅約36cm ~ 着丈約60cm


実際に使用してみた方の口コミはこちら。

・3歳まで使える安心のスリーパー

うちの子は寝相が激しく、直ぐに布団を蹴ったり転がるので夜中起きるごとに布団をかけ直してました。
夜中の授乳で起きるのに加え「布団をかけなちゃ!」と思ってしまうので、眠りが浅くなりがちでした・・・。
特に気温の変化が激しい季節は冷えで風邪にならないか心配でしたが、このスリーパーだと6重ガーゼということもあって安心感があります。
ゆったり着られてムレたりしないので、気持ちよさそうにおねんねしてます。
真夏にクーラーを効かせて寝るときも、このスリーパーを着せることで必要以上に冷える心配もありませんでした。
うちには2着あって順番に洗濯してます。
あまりにも気に入ってたので、友人へのプレゼントしましたが、とっても喜んでくれました!

 

スリーパーがあることで、家族みんなの眠りが変わるかも

スリーパーは、生活の必需品ではありませんが動く赤ちゃんの身体を毛布代わりに包んでくれます。
素材を選べば季節関係なく、赤ちゃんから幼児まで長い期間使用できることもうれしいですね。

スリーパーを利用することで子どもが快適に眠れることはもちろん、ママやパパも安心して眠れることが一番のメリット。
家族みんなでぐっすりと眠れる夜を手に入れてみませんか?

O-BABY.net事業部 深海

1,792,229 views

百貨店やOB直営店スタッフの経験を生かし、お客様の立場になり生活や環境をイメージしながらぴったりのグッズをご提案出来るように心がけています。 ファッションと...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧